このページの本文へ このサイトのメインメニューへ

RICOH imagine. change.

C7100S Hackathon 2017
このページの本文へ ここからメインメニュー Menu
ここから本文です

C7100S Hackathon 2017

RICOH Pro C7110S/C7110/C7100S × Special Color Design Competition

スペシャルカラー搭載プリンターをHackする70日

リコーは2014年12月、ホワイト・クリアといった特色印刷が可能なカラープロダクションプリンター RICOH Pro C7100Sシリーズをリリースしました。

また、2016年にはネオンイエローも特色に追加となり、表現の可能性が広がりました。

このC7100Sシリーズのデジタル+特色を活用し、学生の皆さんに新たな付加価値の創造に挑戦していただきます。

主催 リコージャパン株式会社
共催 株式会社リコー
協力
  • 株式会社竹尾
  • 五條製紙株式会社
  • アドビ システムズ株式会社

RICOH Pro C7100Sシリーズ動画

デザインコンペ概要
応募資格 応募時点で学生であること(大学院を含む)
  • 個人またはグループの参加可能
  • グループで参加の場合は、全員が学生であること
テーマ Diversity(ダイバーシティ)
作品要件 RICOH Pro C7100Sシリーズの特色(ホワイト、クリア、ネオンイエロー)トナーを活用した制作物であること
  • 作品に空間がないこと(貼りあわせは可、立体物は不可)
  • 未発表作品に限る
参加費 無料
ただし、東京都内で開催される説明会・テスト印刷会・表彰会場までの交通費は全て自己負担となります。
審査基準 応募作品がRICOH Pro C7100Sシリーズのスペシャルカラー特性を活用し、現実性・独創性を満たしているか
審査員 リコー選定委員+外部審査員
賞品
グランプリ
1組:
賞金10万円+リコー製デジタルカメラ+Creative Support
リコーが制作課題等のデジタル印刷・後加工の支援を致します。
準グランプリ
2組:
360°全天球カメラ RICOH THETA
1st. legの流れ
6/3(土)
13:00~
説明会
会場
応募をお考えの学生に向けて、説明会を実施
6/20(月) 一次審査
書類受付開始
一次審査
(書類審査、e-mailで提出)
7/10(月)
17:00
一次審査締切
7/18(火) 一次審査
結果発表
当サイトおよびe-mailによる個別発表

一次審査通過者(9組)

氏名またはグループ名(五十音順)
学校名
池田皓亮
御茶の水美術専門学校 デザイン・アート科
池田晴香
御茶の水美術専門学校 デザイン・アート科
板井三那子
広島市立大学 芸術研究科 造形芸術専攻
さたま(坂偲織・田上乃絵・間宮瑞葉)
武蔵野美術大学 造形学部
佐藤亜耶
御茶の水美術専門学校 デザイン・アート科
重永みのり
御茶の水美術専門学校 デザイン・アート科
柴田彩加
武蔵野美術大学 造形学部
高橋美柚
武蔵野美術大学 デザイン情報学科
法政大学1年(岩本光平・天谷真輝人)
法政大学 デザイン工学部
2nd. legの流れ
8/9(水) 第1回
テスト印刷会
会場
一次審査通過者は、テスト印刷会に参加
(それぞれ検証データで可能性を探り、出力検証を実施)
8/25(金) 第2回
テスト印刷会
会場
9/11(月)
17:00
最終データ
受付締切
テスト印刷会終了後、最終データを事務局に提出
9/15(金) 出力物返却 事務局で最終出力し、出力物を返却(発送)
10/2(月)
17:00
最終提出作品
受付締切
最終作品に仕上げて、作品を事務局に提出(郵送可)
10/下旬~ 最終審査 表彰・展示、メディア掲載を予定
予備日あり。

C7100S Hackathon 2017事務局Announce_pro@ricoh-japan.co.jp

  • 株式会社竹尾
  • 五條製紙株式会社
  • アドビ システムズ株式会社