このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

FACTRIO ドキュメント管理システム V2(本製品は販売終了しております)

FACTRIOシリーズは2012年7月末日をもちまして販売終了いたしました。ご愛顧頂きありがとうございました。

※ 本ソフトウェアは東北、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関東、中部、関西地域でのみ取り扱いを行っていました。

動作環境

サーバー

CPU Pentium4 2GHz以上(Pentium4 3GHz以上推奨)
メモリー 2GB以上(3GB以上推奨)
ディスプレイ 1,024×768ピクセル以上、64,000色以上推奨
OS(32bit版) Windows Server 2003 SP2 / Windows Server 2003 R2 SP2
Windows Server 2008 Standard SP2
必要ソフト Oracle Database 10g
 Enterprise Edition/Standard Edition/Standard Edition ONE Release2

クライアント

CPU Pentium 800MHz以上(Pentium 1GHz以上推奨)
メモリー 512MB以上(1GB以上推奨)
ディスプレイ 1,024×768ピクセル以上、64,000色以上推奨
OS(32bit版) Windows Server 2003 SP2/Windows Server 2003 R2 SP2
Windows Server 2008 Standard SP2
Windows 2000 Professional SP4
Windows XP Professional SP3
Windows Vista Business Business SP1*
Windows 7 Professional
  • *JIS第3水準、第4水準の文字の利用はできません。また表示用PDFの作成はできません。

関連ソフトウェア

バックアップ ARCServe / BackupExec
ウイルス対策 ウイルスバスター / ServerProtect / Norton AntiVirus
PDF作成 サーバー HG/PscanServPlus 4.1.6/4.2/4.3
クライアント Adobe Acrobat 7/8/8.1 Standard
2次元CAD AutoCAD 2005/2006/2007/2008/2009
LDAPサーバ ActiveDirectry 2.0
対応データ TIFF*1 / PDF / DXF / DWG / HPGL
Microsoft Office文書*2 / BMP / JPEG / TXT / JTD*3
  • *1LZW形式は扱うことができません。
  • *2Microsoft Office文書のバージョンはOffice 2000、XP、2003、2007となります。また、Office2007ファイルから表示用PDFファイルをサーバーで作成する場合は、PscanServPlus4.3をご利用ください。
  • *3一太郎のバージョンはVer.10~13、2004、2005となります。

システム制限

トップフォルダ 3,000
フォルダ数 50,000(1フォルダ内:500)
フォルダ階層 500
登録可能ファイル数 1,000,000
1フォルダ内登録ファイル数 3,000